院長のプロフィール

院長 高橋昭彦

院 長 高橋昭彦 (たかはし あきひこ)

出 身 地 滋賀県長浜市
出身大学 自治医科大学(1985年卒業)
資  格 医師免許
日本小児科学会専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 指導医・認定医
福祉用具プランナー
趣  味 三線(さんしん・沖縄三味線)

役 職

認定特定非営利活動法人うりずん理事長
… 重い障がいを持ち、医療に依存する子どもとその家族を支援するNPO
在宅緩和ケアとちぎ 副代表
特定非営利活動法人障がい者福祉推進ネットちえのわ 理事
… 障がいをもつ子どもと親・支援者の集まり
特定非営利活動法人だいじょうぶ 理事
… 虐待を受けている子や、DVの被害者である母と子を支援
在宅ケアネットワーク・栃木 世話人
… 毎年2月11日自治医大で行われる
サンクスVクラブ代表
とちぎボランティアネットワークの応援団

略 歴

1985年 自治医大を卒業。出身地の滋賀県で10年地域医療に従事。
1995年 ~6年間、栃木県内の病院で在宅医療に従事、在宅ケアのネット ワークに取り組む。
2001年4月 滋賀に帰り、老人保健施設に勤務。
2001年9月 アメリカ東海岸へホスピスの研修に行き、ニューヨークで テロ事件に遭遇する。帰国後2週間で栃木に戻り開業をすることを決意。
2002年5月 1日 ひばりクリニック 開業
2007年6月~08年3月 研究事業として人工呼吸器をつけた子どもの預かりを行う(在宅医療助成勇美記念財団助成事業)。
2006年6月~ 日中一時支援「うりずん」開所 医療的ケアが必要な重症心身障がい児者の預かりを宇都宮市からの委託事業として開始。
2012年3月 特定非営利活動法人うりずん設立
2014年3月 うりずんが「認定特定非営利活動法人」を取得                          第10回 ヘルシー・ソサエティ賞 受賞
2016年1月 日本医師会 第4回赤ひげ大賞 受賞