最新のお知らせ

一緒に働きませんか!看護師さん募集中!!

看護師
外来および在宅医療担当
フルタイム・パート 急募!
このたび、ひばりクリニックの看護師を急募します。
現在ひばりクリニックには、3名の看護師がいます。1名は事務長兼任、1名は外来と在宅診療担当、もう1名は病児保育担当です。外来と在宅担当の看護師の欠員1名が去年からあり、病児保育の看護師のサポートで乗り切ってきました。
しかし、このところの感染対策や、ワクチン対応、さらにコロナ禍の中で退院して在宅医療を希望される方が増えていることから、徐々に在宅患者様が増えてきています。(7月現在90名)この秋から病児保育の看護師が産休育休に入ります。病児保育も働くお母さんのためには欠かせない事業です。当院は子育て中の職員も働きやすい環境を整えたいとがんばっていますが、さらに欠員がでることになり、このままでは、外来と在宅診療補助を行う看護師の負担がさらに増えてしまいます。
 ひばりクリニックは2002年に開業以来、午前中は外来診療、午後は在宅医療を行っています。外来診療の4割は小児ですが、家族ぐるみでカルテがある方が多く、地域の高齢者のかかりつけ医を担っています。お話に耳を傾け、お薬の種類は少なく、検査も血液、尿検査、心電図、エコー検査しかありません。
小児の診療では、母子手帳と予防接種の確認から始まり、子育ての悩みにも寄り添います。ご家族の健康相談、世間話などいろんな話題がでます。
専門的な診療や検査が必要な場合には、それぞれの医療機関に紹介します。
 在宅医療では、当院は年齢や疾患を問わない診療を行っています。対外的には小児在宅医療、医療的ケア児というイメージが先行していますが、子ども系は2割ほどで、8割は若年障がい者、神経難病、末期癌、認知症、老衰などの方です。訪問看護師や、ケアマネジャー・障害者相談支援専門員などと連携しながら診療を行います。在宅の看取りにも対応し、連携医師と協働で24時間体制の往診も行います。
在宅医療や小児医療に経験がない方も当院で私や看護師が指導し支えます。
自治医大や他の医療機関の医師も診療を行い、研修医や学生実習の受け入れもしています。
ひばりクリニックには、県産材のヒノキが使われています。木の香りのするクリニックです。
なんでも相談ができ、顔の見える、親切でおせっかいな、「あったらいいな」というクリニックを目指しています。楽しく、地域のお役に立てるお仕事です。
私たちの仲間になっていただけませんか。
パートからお入りいただいて、常勤を目指す道もあります。午前中だけ、週3-4日でも構いません。どうか、ご連絡を心よりお待ちしています。
ひばりクリニック 院長 髙橋昭彦
お問い合わせ
028-665-8890 事務長(髙橋)まで